セレックによるセラミック修復

CERECは1980年代に臨床応用されてから、積み重ねられた確かな実績があります。CERECは世界初の歯科用CAD/CAMとして登場後、その時代のニーズを見極め、常に革新的技術を取り入れ歯科従事者のみならず患者さんへも快適な治療を提供致します。CERECが切り拓いた実績ある光学印象、バイオジェネリックが快適な操作を可能にするCERECソフトウェア、歯に近似した物性を持つ歯冠修復マテリアルに対応したミリングユニット。ワクワクするような新しい歯科治療へ一歩踏み出しませんか
 
  • セレック(※)システムは、医療先進国ドイツからやってきた、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。コンピュータを使って修復物を作製するので、歯型を取ることがありません。
  • 最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現。そのあとはコンピュータの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとに作製します。
  • 歯科技工所に依頼することなく歯科医院で修復物を作製できるので、一般的な修復物よりも経済的。また規格生産された高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、治療時間も約1時間と非常にスピーディーです。

セレック治療はこんな方におすすめです

  • 治療に時間をかけたくない方
  • 白くてきれいな歯を希望される方
  • 銀歯を自然な白さのものに替えたい方
  • 金属アレルギーをお持ちの方
  • 治療費用を抑えて審美歯科治療を受けたい方
  • 高精度な治療を希望されている方
治療にかかる時間が短い! 1回の通院で修復完了、通院の手間もへります 高品質なセラミックブロックで作成されるため耐久性にすぐれる! 規格生産されたセラミックブロックを使用するため、とても高い耐久性を持ちます。15年後の残存率を調べた臨床研究によれば、通常の治療では約68%なのに対し、セレック治療は約93%と非常に高い結果を出しています 歯科技工所に依頼しないため経済的! セレック治療では修復物を歯科医院で作製するため、歯科技工所に依頼することがありません。人件費を削減できるため、比較的リーズナブルにご提供できるのです 上質なセラミックを使っているためキレイ! 金属ではなく上質なセラミックを使っているので、自然で美しい見た目を実現できます。もちろん金属アレルギーの心配もありません

セレック治療の流れ

Step1 スキャン(型取り)

歯を削ったあと、3D光学カメラで口腔内を撮影します。

Step2 修復部設計

コンピュータの3D画面上で修復物を設計します。
モニター上で歯の形態や噛み合わせの調整を、あらゆる角度から行い、理想的な形にしていきます。設計後は様々な色のセラミックブロックから最適な色のものを選定します。

Step3 修復物作製

ミリングマシンが設計データを基に加工します。
ミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)が、コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、修復物を精密に整えていきます。

Step4 口腔内へセット

口腔内へセットして治療完了です。
先進的な接着技術を用いて、削り出されたセラミック歯を口腔内へセットします。これで治療完了となります。なお、Step1からStep4までにかかる時間は、たいていの場合は1時間程度です。