二重顎、左の顎関節で音がする。身体に歪みがある。頭痛。|症例集|

2017.06.01 Update
症 状八重歯、歯茎が気になる。
顎の位置が後ろにさがり、二重顎になっています。
左の顎関節で音がします。
原 因身体に歪みがありました。 頭痛に悩んでいます。
治療法スプリント、セラミックブラケット、セラミッククラウン ほか
症 例

態癖の影響が強く奥歯が舌側に傾斜し、八重歯になっています。

 

矯正治療をおこない歯列を整え、金属の詰め物はセラミッククラウンに換えて咬み合わせを再構成しました。

歯並びが小さくなるのは身体にとってよいことではありません。
ですから、歯を抜いて矯正治療をすることは、できる限りしません。
しかしながら、歯並びの状態によってはどうしても抜かなければならない場合もあります。
けれども、歯を抜いても歯並びを小さくしない治療法があります。
三本の小臼歯を抜歯していますが、歯並びを小さくしないようにしています。
そして矯正治療後、初診時の様々な訴えは解消しました。

治療費(目安)